PAGE TOP

今年最後の調査?

始まりは、毎回同じ構図・・・29日・30日の2日分です。

冬枯れの野や林縁・森の中etc10月後半から続けてきた来春のための調査散策も今日で最後です。

1412300012.jpg
ヨモギの枯れ枝にムシコブ?それともマユ?

1412300013.jpg
虫の越冬手段かもしれません?

1412300014.jpg
カマキリの卵

1412300015.jpg
大平山、今年の登頂は30回ぐらいかな?
四季を通じて大変お世話になりました。

1412300016.jpg

1412300017.jpg
マユミの実

1412300018.jpg
オニシバリ(ジンチョウゲ科)石灰岩地の林下にまれな落葉小低木。夏に葉を落とすので、別名「ナツボウズ」と
呼ばれている。花期は2月~4月、6月~7月にかけて赤い実を付ける。

1412300019.jpg
春先からこの木の花が見たくて探し回りましたが見つける事は出来ませんでした。

1412300020.jpg
こんな立派な株も・・・

1412300021.jpg
木道のベンチであれこれ考えていたら雲行きがあやしい取り敢えず分岐を小穴方面へ・・・
案の定、小雨がパラパラ塔ヶ峯に後ろ髪を引かれる思いで中峠へ・・・

1412300022.jpg
ライオン岩と権現山
スフインクスとピラミッド見たいな構図です。

1412300000.jpg
モリアザミの花後かな?

1412300001.jpg
オニシバリ(2014.12.30撮影)
近場の林内です。

1412300005.jpg
オニシバリ(花芽)

1412300006.jpg

1412300009.jpg
ドリーネの中でも

1412300002.jpg
カラタチバナ

1412300003.jpg
オモト

1412300004.jpg
オモト(実)

1412300007.jpg
ムサシアブミ(実)

1412300008.jpg
アオキ(実)

1412300010.jpg
サイハイラン
昨年の5月3日より始めた花散策も段々重症化して来て病人扱いです。
さて来年は、どんな出会いが有るのやら?
先ずは、サツマイナモリからかな?
日曜日の出勤?記録も2月後半に社用のため途切れそうだけど、
来年も1年通じて歩き通したいな~と思っています。
今年台上で仲良くして頂いた皆さん「ありがとうございました」来年も宜しくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/30 15:47 ] 山野草・昆虫 | TB(0) | CM(0)

朝焼け


2014.12.27(土)AM7:45

1412280001.jpg

登りおさめ?
1412280002.jpg
2014.12.28(日)
今日の目的地は、通い続けて1年半以上経つけどまだ一度も足を踏み入れていない天狗岩と権現山

1412280003.jpg
貝殻山の北側

1412280004.jpg
冬枯れのクヌギ林

1412280005.jpg
芳ヶ谷から天狗岩に向けて

1412280006.jpg
下から見上げる目的地

1412280007.jpg
台上は、ユニークな形状の岩が多い、
丁髷を結ったモアイ像?

1412280008.jpg


1412280009.jpg
天狗岩(奥のピーク)

1412280010.jpg


1412280011.jpg
気になる木、春にもう一度確認に来よう・・・・

1412280012.jpg
勝山方面をバックに!

1412280013.jpg
風神山から見ると楽そうに見えたけど歩いてみると勾配がきつかった。

1412280015.jpg
桶ヶ辻のピーク

1412280016.jpg
間近で見るフライト!

1412280017.jpg
吹き流し

1412280018.jpg
パラグライダーの膨らむ音に「ビックリ」振り向いたら飛び立っていました。
奥に見えるのは東九州自動車道(空港IC~行橋IC間)だと思います。
水曜日に気が付いたのですが、椎田南ICまで開通していました。

1412280019.jpg
桶ヶ辻の標識
昨年の9月末に此処まで来て青龍窟に向かう林道を歩いた記憶があります。
途中、山芋を掘る人の多さにビックリ!

1412280020.jpg
これから向かう周防台、右奥に見える山は貫山です。

1412280021.jpg
来年の宿題!
偽水晶山と水晶山

1412280022.jpg
周防台の頂上

1412280023.jpg
大平山方面、右奥の緑の濃い山は塔ヶ峯です。
井手浦側からとは全く違う形状をしています。

1412280024.jpg
ネコヤナギ

1412280025.jpg
権現山のピーク

1412280026.jpg
見上げた周防台のピーク

1412280027.jpg
貝殻山の頂上付近

1412280028.jpg
権現山からの下り、よく滑ります。3度尻餅をつきました。
関連記事
[ 2014/12/29 03:42 ] 山野草・昆虫 | TB(0) | CM(0)

新しい相棒を連れて・・・

ネコヤナギ(新芽)

相棒と言っても人間ではありません、
来年から昆虫撮影に重点を置くための前準備で金曜日に届きました。
ミラーレス一眼、山野草を撮るには試行錯誤の年になると思います。

オニシバリ(ナツボウズ)
1412230001.jpg
一段絞っただけで、この深度ですので表現に苦労しそうです。

1412230002.jpg
実を言うとトンボで有名なN氏に勧められて迷っていた時に、店頭で使い心地を体感して
買わなかった「○●マ電器」ゴメンナサイ!

ハバヤマボクチ
1412230003.jpg
オートフォーカスは、今使っているカメラより桁違いに早いですが・・・・

岩山
1412230004.jpg
此処からが今年3月より過酷な労働に耐えてくれたカメラでの撮影です。

権現山
1412230005.jpg
週を追う毎に草の背丈が低くなって行く様な感じがします。

周防台への道
1412230006.jpg

獅子岩(ライオンイワ)と権現山
1412230007.jpg

ピナクル越しの岩山
1412230008.jpg
当日の天気予報は晴れ後、雨しかし朝より小雪が舞っていました。

ピナクルの間より
1412230009.jpg
左奥の稜線は、大平山です。

1412230010.jpg
こちらは、岩山です。

1412230011.jpg

1412230012.jpg

1412230013.jpg

1412230014.jpg

1412230015.jpg

1412230016.jpg
登りおさめを考えています今度の日曜日はまだ早いかな?
関連記事
[ 2014/12/23 21:12 ] 山野草・昆虫 | TB(0) | CM(0)

貫山編・・・

1412140019.jpg
一通り散策を終えて、帰ろうかな・・・それとも早咲きのサツマイナモリを探しにドリーネ潜ろうか?
思案しながら、取り敢えず観察センター方面へ・・・・

1412140020.jpg
帰路の途中に師匠のKさんとSさんに会い結局、貫山へ・・・・

1412140021.jpg
途中の風景

1412140022.jpg
四方台に向けて・・・・

1412140023.jpg


1412140025.jpg
塔ヶ峯

1412140026.jpg
ツルリンドウ

1412140027.jpg
貫山への坂道

1412140028.jpg
苅田方面(北九州空港)

1412140029.jpg
貫山への滑走路

1412140030.jpg
登頂

1412140031.jpg
下山途中、周防台を望む!

1412140033.jpg
K師匠の意見で広谷台経由となりまして(ワクテカ)実は、来週計画していたルートだったりして・・・・
進行方向は逆ですが!

1412140034.jpg
石、岩の知識は有りませんが此処の岩は結晶が荒いという事だけは分かりました。

1412140035.jpg
色々な形状をしています。
ピナクルと言う一括りでは語れない太古よりの歴史を残しています。


1412140036.jpg
広谷台より行橋方面の風景です。
来春、友と出会える日を楽しみにしながら散策を続けて行きたいと思っています。

1412140037.jpg
岩の結晶

1412140039.jpg
鬼の空手岩

1412140040.jpg
ガガイモの巣立ち?
表現が不味かったかも?

1412140041.jpg
コナスビ
今週は、ここまで来週より新しい相棒も加わりますので少し違う世界(小さいけれど)を表現していきたいと
思います。
関連記事
[ 2014/12/15 21:46 ] 山野草・昆虫 | TB(0) | CM(0)

地の果て・・・・

貝殻山北側

たまには違う所を歩こうと先週、観察センターで聞いた天狗岩付近から千仏鍾乳洞に行くルート
初めての経験でハラハラドキドキ!

1412140001.jpg

芳ヶ谷方面から見た地の果て
1412140002.jpg
風神山の行橋側は、断崖絶壁になっていて確かにとは思いますが、地元の人でもあまり認識ないと思います。

1412140003.jpg
何時もは反対側の不動山や風神山から天狗岩を見ていただけに別世界に居るようです。

1412140004.jpg
結構深い谷のように見えます。
この後、下る事になるのですが、

サネカズラ(ビナンカズラ)
1412140005.jpg
初めて台上で見ました。

1412140006.jpg
天狗岩

何だか判ります?
1412140007.jpg
千仏鍾乳洞に向けて下山中に出会ったオフロードバイク2台のうちの1台です。
激しく抗議したのちUターンして降ります。
と言っていましたが千仏橋に付くまでに降りてきた気配がありません
今後、顔写真とナンバーを動画データでYouTubeにUPしようかな~!

1412140008.jpg
タイヤの痕跡

1412140009.jpg
アキグミ

1412140010.jpg
ノコンギク

1412140011.jpg
シマカンギク

1412140012.jpg
センブツロック?

1412140013.jpg
スミレ

1412140014.jpg
ムサシアブミ(テナンショウ属)

1412140015.jpg
カラタチバナ

1412140016.jpg
ヤブコウジ

1412140017.jpg
まさかのムラサキセンブリ

1412140018.jpg
岩山
この後、貫山編は後日に・・・・・
関連記事
[ 2014/12/14 20:24 ] 山野草・昆虫 | TB(0) | CM(0)

続きます。

ホソバノヤマハハコ

芽出しの頃から追い続けてきましたが、初めて種を飛ばす光景を見る機会に出逢いました。

1412070019.jpg

1412070020.jpg
残雪

1412070021.jpg

1412070022.jpg
トベラの実

1412070023.jpg
テイカカズラの実

1412070024.jpg
大蛇の岩
野焼き後の早朝が絵に成りそうで再チャレンジを計画中

1412070025.jpg

1412070026.jpg
ガガイモの実

1412070027.jpg
コカモメヅル

1412070028.jpg
シマカンギク

1412070029.jpg
オニシバリの花芽

1412070031.jpg
現在、自生している場所が確認できているのは6か所で14株さらに今日新たに2株、花の時期が楽しみです。

1412070030.jpg
リュウノヒゲ

1412070032.jpg
タカネハンショウヅルの綿毛
関連記事
[ 2014/12/08 22:25 ] 山野草・昆虫 | TB(0) | CM(1)

先週の話から・・・・


早朝の秋吉台(2014.11.30)
湯田温泉で一泊の忘年会の翌日に雲海でもと思い朝食もそこそこに秋吉台に立ち寄ってみた。

1412070001.jpg
期待する気持と現実は、何時も違うものです。

1412070002.jpg
昨年同様の光景に・・・・少し落ち込みぎみ!

1412070003.jpg
曇のち雨の予報だったけど・・・・3時までは持ってくれるかな?

1412070004.jpg
秋吉台のピナクル

1412070005.jpg
9:30分、平尾台到着

1412070006.jpg
1週間たてば、草紅葉の色もすっかり様変わりです。

1412070007.jpg
電波塔まで舗装路を傘持参でゆっくりと、期待とは裏腹に天候は悪い方に・・・・

1412070008.jpg
周防台へ向かう防火災帯

1412070009.jpg
マユミ
この後、電波塔のふもとで雨足が強くなりあえなく撤退しました。

2014/12/07
1412070010.jpg
週が明けて火曜日に、新たにパソコンを入換えたが、これが一番の反省材料!
OSはWindous8使い辛くて話にならない

1412070011.jpg
いまだにメールの設定ができていません

1412070012.jpg
凍った遊歩道

1412070013.jpg
懲りずに・・・・

1412070014.jpg

1412070015.jpg


1412070016.jpg


1412070017.jpg
何時見てもオニギリみたい!
続きは後日と言う事で・・・・
関連記事
[ 2014/12/07 21:20 ] 山野草・昆虫 | TB(0) | CM(0)